「セックス」は、一部の悪い人が手を出してしまう「麻薬」などとは違い「殆どの人が行う行為」です。

 

しかし、なぜか過剰反応してしまいますよね?

 

それは、「恥ずかしいこと」「してはいけないこと」境界線が曖昧だからです。

 

「恥ずかしいからしてはいけない」と錯覚していたり、もしくはルールや正解がなく、手を出すのが怖いので「してはいけないこと」と錯覚している人が多いようです。

 

我々は、そのように錯覚することは仕方のないことだと思っています。

 

なぜなら、殆どの人がそのようなイメージをすり込まれて生きているからです。

 

特に35歳以上の方は、そのイメージが強いようです。

 

一昔前というか「インターネットがこれほど普及する前」は、性の情報は知りたくても知ることができないことが多かったのですが、今はどうでしょう?

 

もちろん、すぐに知ることが出来ます。

 

インターネット普及前は、誰かに「聞く」事でしか情報を得ることができないので、恥ずかしくて聞けない人恥ずかしそうに教える人が多かった為、自然とそのようなイメージがついてしまい、してはいけないこととして「錯覚」してしまうのです。

 

しかし、今の時代は「聞く」事なく「知る」事ができます。

 

インターネット普及前は、興味があっても「知らず」にいれば良かったのですが、今の時代に興味を持ってしまえば「知ってしまう」ので、我慢するという結果になってしまうのです。

 

※知らず知らずのうちに、「セックスに関すること」を検索していませんか?

 

仕方がないのです。
知識は増えるが、その行き先は「まだインターネットを使っても探すのが困難」だからです。

 

知識をつけたのに、それを正しく使える場所がないのです。

 

動画もすぐに観れる、画像だってある。
そんな中で我慢しろ!と言えば、反発する人が増えるのは当然です。

 

そして、お金を対価にセックスのやり取りが行われ、男女の性の溝が深くなる。

 

正しく安全に「性」を取り扱う業者がないのが不思議だと思いませんか?

 

名乗りを上げた業者もいたかもしれません。

 

おそらく、過剰反応され「潰されたり」「上手くいかなかったり」したのでしょう。

 

それも、仕方のないことです。

 

なぜなら、「インターネットが普及する前の時代」を生きた人に、過剰反応するように育てられたからです。

 

上記のような言い方をすると、「セックスがしたい!」という人に、「セックスをする場所」を提供する業者と勘違いする人がいるかもしれませんが、そうではありません。

 

「性」について、悩んでいる方も沢山います。

 

「性癖」「体質」「依存症」なども、セックスを前向きに「考えている人」「考えられる人」となら、理解しあえるかも知れないという想いです。

 

「恥ずかしから」「分からないから」と向き合ってもくれない人とは「理解し合えない」ので、「支え合い生きていく」などあり得ないのです。

 

我々は、全ての人に理解してもらおうなどとは思っていません。

 

「性」を安全に取り扱い、「犯罪や間違いが起きないようにしたい」という考えを、理解してくださる人だけで良いのです。

 

「我慢」して間違いが起きるよりは、誰もが行う行為「セックス」にもっと向き合うべきだと思います。

 

そろそろ「セックス」と聞いて、「怪しい」とか「詐欺」とか思う時代は終わりにしませんか?

 

office Dグループは、「セックス」に真剣に向き合っています。

 

※もちろん、未成年などの自分で判断できない年齢の方を保護する法律などは厳守します。

 

多くの結婚相談所では、成婚する(結婚が決まる)まで、『性行為禁止』というルールが当たり前だということをご存知でしょうか?

 

入会金やお見合い料、そして最後に高額の成婚料を払い、幸せな人生の始まりと喜んでいる最中に、一番大切と言っても過言ではない『性行為』という共同作業でまさかの不一致

 

お見合いを通しての結婚では、この『性行為の不一致』での離婚が後を絶ちません

 

当倶楽部は、そんな結婚相談所から枝分かれしたサイトでした
※office Dと合併前です
※office Dは、現在も結婚相談所を営んでいます
※大黒会屋トモダチ倶楽部は、結婚前の「恋愛」部門として運営しているので、相談窓口を設置していないため「倶楽部」としております

 

 

当初は、結婚後に性行為が原因で離婚される方が非常に多いことから、救済処置として設立され、しばらくは結婚相談所の某協会メンバー様からの紹介のみで運営しておりました

 

しかし、『結婚や恋愛などではなく、まず性行為の相性の良い相手と巡り合いたい』との声が増え、一般の方の入会申込みを始めたところ、大きな反響があり、同じような悩みをお持ちの方が全国にもたくさん居られると考え、全国へと広げました

 

今は、恋人や夫婦となる前の『トモダチ』という関係で、大切なことを分かり合う時代が来たと、我々は考えております